JIMが教える釣りTIPS − Lesson3 アーマードスイマー編 −
第3弾はアーマードスイマーとバトルスイマーの使い分けとフェザー 。

アーマードスイマー&バトルスイマーのセッティングはこれでバッチリ!!

「釣りロマンのロケ」フロリダでターポンを狙っていた時と、GT(ジャッククレバル)推定1.5〜1.6Mをかけたときに使っていたのが、

バトルスイマーにフェザーを巻いた物です。

海系の魚には基本的にスカートは付けない方がいいですが、バス系はスカートを付けた方がいいと思いますよ。

ちなみにマス系はスカートがあまり好きではなく、フェザーを巻いた物を使うと良いでしょう。

もちろん通常では自分で巻くしかありません、フライのマテリアルを使って巻いてみてください。

andアーマードスイマーやバトルスイマーはスカートなしでは回転しやすくかなり遅いスローリトリーブやフォーリングに向いています。

普通に使うならやはりラバースカートを使ってみてください。

バトルスイマー、0mのバジングに〜1m未満のリトリーブ、ボトムウォークにラバースカートはOFTのスーパーファインラバーもしくは、ノーマルの

ラバースカートなら28〜30本にした物を付け、フックから5mm〜1cmのところでカットトレーラーにはスレンダーシャットの5〜7インチがベストです。

アーマードスイマー5gは、スカートはスーパーファインを30本に、ノーマルスカートは向いていません、スカートの長さは、フックと同じか5mmぐらい

でカットしてください。

トレーラーにはスレンダーの5インチか5インチを2cmぐらいカットして使ってください。

10gはスカートがスーパーファインかノーマルなら30本に、スカートの長さは5mm〜1cmスレンダー5〜7インチ。

14gはスカートは同じで、フックから1cm〜1.5cmほどでカット、5gは30cm〜1mのスイミング、10gは0〜1.5mのスイミング、

バジング14gは50cm〜2mのスイミングに向いています。

フェザーの効果は絶大で鮭、マス、イトウ〜始まりウグイ、ニゴイ、バス、シーバス、カツヲ、メッキなどにも効果がありますよ。

NEXT LESSON バトルスイマー編